News

一般

2021年10月07日 14:38 歯周病と口臭 一般

こんにちは、つよし歯科です。

 

歯周病と口臭には深い関りがあります。

 

現在、マスク生活が定着し口臭を気にされて来院する方が増えてきました。

 

口臭には様々な下人があり、生理的口臭を除いて病的な口臭の約80%以上は、口の中に原因があります。

 

そのほとんどが歯周病と言われています。

 

口腔内には何百億もの細菌がいて、これらのうちのある種の細菌が、口の中のたんぱく質を分解する際に

 

口臭の元となる臭気成分を作り出し、においが発生します。

 

この臭気成分と歯周病との進行には相関関係があり、歯周病が進行すればするほど、臭気成分は強くなるのです。

 

この歯周病による口臭はかなり強烈なにおいをさせますので、歯科医師、歯科衛生士はすぐに分かります。

 

お口の中の清掃が不十分ですと、歯周病の原因であるプラークが溜まっていき、酵素のないプラークの深い部分に

 

歯周病の原因菌が増え、歯周病を進行させます。

 

さらにその菌が、破壊された組織や血球成分などのたんぱく質を分解して、歯周病の特徴のひとつであるイヤな臭いが発生するのです。

 

この歯周病の口臭を防ぐためにも、プラークが溜まらないように、検診を受けセルフケアを怠らない事が口臭と歯周病を予防する重要なポイントです。


2021年09月01日 10:35 スポーツドリンクについて。 一般

先日は、身体にいちばん吸収されやすい飲み物『経口補水液』について書きました。

今回はスポーツドリンクについて、書いてみます。

スポーツドリンクは、主に塩分(ナトリウム)、糖質が含まれており、ある程度含有量が決まっています。商品によっては、特色を出す為にビタミン、ミネラル、アミノ酸、クエン酸などが加えられます。

塩分は汗をかくと水分とともにに放出されるナトリウムを補うために含まれます。夏場など発汗量の多い時は、水分だけの補給では体液が薄まり低ナトリウム血症を引き起こしてしまいます。

一方で糖質は、運動のエネルギー源となるだけでなく、腸管での吸収率を高めるために加えられています。

『スポーツドリンクを水で薄めるといい』と聞きますが、糖質濃度は速やかに吸収されるように考えて作られているため、あまりおすすめしません。

また、スポーツドリンクを過剰摂取する事で、肥満やう蝕の問題があるだけでなく、高血糖状態が続くペットボトル症候群に陥る心配もあります。また、血糖値が上がると喉が渇き、さらにスポーツドリンクを飲んでしまうという悪循環が起こります。重篤化すると意識障害を起こすこともあるので注意が必要です。

他にも、過剰摂取によりビタミンB1欠乏症を起こす事があります。ビタミンB1は糖質を分解してエネルギーを作るために必要ですが、過剰摂取により大量の糖質を分解する事で不足します。

以上の事から、スポーツドリンクは目的や状況にあったものを選び、適量だけを飲むこと、またダラダラ飲みは避けるよう飲み方に注意が必要です。


2021年08月25日 09:45 身体にいちばん吸収されやすい飲み物は⁇ 一般

日常的な水分補給は、普段の食事や水、お茶などで十分ですが、脱水時には、水と塩分、糖分をバランスよく含む『経口補水液』が必要となります。

ヒトの身体は、多くの水と塩分(電解質)が混ざった体液から出来ています。体液の主な役割は、①必要な栄養素と酸素を身体じゅうに運ぶ②不要になった老廃物を体外に運び出す③体温を調整する、の3つの役割があります。体液は、身体に入ってくる水分と身体から出て行く水分が入れ替わりながら、その量を一定に調節し維持しています。

ヒトの生命維持するには、電解質(ナトリウム、カリウム、カルシウムなど)も必要不可欠です。電解質は、細胞や骨、筋肉にも存在し脱水時には水と共に失われるため、生命は危機的な状況になります。

脱水時など緊急を要する場合は、水と塩分、炭水化物(ブドウ糖)をバランスよく含む『経口補水液』をいち早く摂取する事が重要です。

経口補水液は市販されており、小腸からすばやく吸収され吸収後も身体の中に残り体液となり脱水症状をいち早く改善します。脱水が改善されれば飲み続ける必要はありません。

下記に『経口補水液』に近い飲み物の作り方を紹介しますので、いざという時に試してみて下さい。

糖尿病や腎臓病などの疾患が、ある方は経口補水液を飲み続ける事で病態を悪化させる場合もあるため、注意が必要です。

『経口補水液』に近い飲み物の作り方

【材料】水1ℓ 砂糖20〜30g(大さじ4・1/2 ブドウ糖10〜20gだと尚良い) 塩3g(小さじ1/2)

【作り方】①計量を正しく行う ②清潔な容器に入れる ③3つの材料をよく溶かして完成です。


2021年07月12日 15:21 2+2+2+2テクニック 一般

近年推奨されているトゥースペーストテクニック(フッ素入り歯磨剤の効果的な使い方)に『2+2+2+2テクニック』というものがあります。これは下記に示すように…

1日に2回

2cmのフッ素入り歯磨剤で

2分間ブラッシングし

ブラッシング後2時間は飲食しない

と、いうものです。

研究では、歯科矯正治療前後でこの2+2+2+2テクニックを行った群では、虫歯の発生率が約80%抑制されたと報告しています。

 

これであれば、朝と寝る前の歯磨きの際に手軽に取り入れる事が出来るので、お子さんやご家族の方も含め、皆さんで取り組んでみて下さいね♪


2021年05月21日 10:40 口呼吸の弊害 一般

『口呼吸は健康に良くない』と、皆さんも一度は耳にした事はありませんか⁇

では、具体的どのように健康に影響があるか知っていますか⁇鼻呼吸と口呼吸に大きな差があるの…⁇と、思いになるかもしれませんが、大きな差があります‼︎

○風邪を引きやすくなる(ウイルス感染をしやすくなる)

鼻の中に生えている細かい毛や粘膜は、空気中を浮遊しているウイルスや病原菌、アレルギー物質をカットしてくれるフィルターの役目を果たしています。ところかわ、口呼吸をするとこれらのウイルスなどがダイレクトに気道に入るため風邪や感染症にかかりやすくなったりします。

○虫歯や歯周病、口臭の原因になる

唾液注には『リゾチーム』という酵素が含まれており、この酵素が口腔内の細菌の増殖を抑制しています。口呼吸になると、口腔内が乾燥、唾液も減少するのでリゾチームの働きが悪くなり虫歯や歯周病、口臭などの口腔内のトラブルが起こりやすくなります。

○顔の筋肉が劣化する

口をいつもポカンと開けていると顔の筋肉が劣化し筋肉がたるむだけでなく、歯並びも悪くなる可能性もあります。特に小さいお子さんは将来の顔の表情や顎顔面の成長に大きな悪影響があるので、早めの改善が必要です。

○睡眠時無呼吸症候群の引き金になる

口をあけて寝ていると舌が喉の奥に落ち込んで気道を塞ぎ、睡眠時無呼吸症候群を引き起こすおそれがあります。

○酸素の摂取量が少なくなる

口呼吸は鼻呼吸に比べて酸素の摂取量が少なくなります。なので脳に十分な酸素が供給されず集中力が低下し学習に影響が出る可能性があります。また、代謝も落ちるので痩せにくくなりダイエットにも影響を及ぼします。

では、どのように改善したら良いのか⁇

慢性的な鼻炎や副鼻腔炎で鼻が詰まっていて鼻呼吸がしづらいようであれば、まずはそちらの治療が必要になります。

しかし、そうではなく習慣やクセで口呼吸になっているのなら、ご自身で意識して治す事が可能です。

睡眠時の口呼吸はいびきの原因になりますが、口が開かないようにテープを貼る事で改善する事ができます。テープは専用のものやドラッグストアなどに売っている医療用テープを口が閉じるよう縦にやさしく貼るのも良いでしょう。

また、口の周りの筋肉を筋トレするのも効果的で、『あいうべ体操』は、とても簡単なお口の体操ですが効果的です。1日30セットを目標に行いましょう。フェイスラインもスッキリする効果もあります。

まずは意識してみることが大切です。

口が渇きやすい、気がつくとポカンと口があいている、いびきがひどいという人は、無意識のうちに口呼吸になっているかもしれません。最初は慣れなくて少し苦しく感じるかもしれませんが、気がついたときに意識して口を閉じて鼻呼吸するだけで、だんだんと体が鼻呼吸のリズムを覚えてくれます。まずは意識をするところから始めてみましょう。

当院には小さいお子さんでも楽しく学べるよう

『はないきおばけ と くちいきおばけ』という教材用絵本を置いてます。ぜひお手に取って、お子さんと一緒に改善してみましょう‼︎


2021年05月10日 16:55 『後期高齢者歯科健康診査』について 一般

当医院では、後期高齢者歯科健康診査を行っております(^^)

 

75歳以上の後期高齢者医療制度の被保険者証をお持ちの方が対象になります。

かみ合わせや飲み込み、舌などの機能に問題がないか

またお口の清掃状態を診査させていただきます。

 

負担金はございません。

お口の健康は身体の健康にとってかかせないものです。

 

対象の方はぜひ検査をして、早期発見・早期治療を!

ご連絡お待ちしております(^^)

 

 


2021年05月02日 11:25 一般

こんにちは、つよし歯科です。

【休診のお知らせ】

5月20日 (木)

6月1日(火)

6月15日(火)

大学にて勉強会の為、休診します。

代わりに、5月19日(水)、6月2日(水)、6月16日(水)

診療します。

何卒、宜しくお願い申し上げます。


2020年11月02日 12:20 子供の歯並びについて。 一般

お子さんの歯にこんなようすは、見られませんか⁇

 

 

 

早めに治療する事で、将来の矯正治療の負担を少なくする事が出来る場合があります。

もし、気になる様子があれば、歯医者さんに相談してみましょう。


2020年09月07日 11:32 妊娠期に歯の為に摂取したらよい食品はある? 一般

妊娠期の栄養不足は母体およひ胎児にも悪影響を及ぼす為、まず、バランスの取れた食事をする事が大切です。

歯の形成に必要な栄養素をあげると、タンパク質、カルシウム、リン、ビタミンA・C・D、フッ化物になります。カルシウムは歯の石灰化を助け、ビタミンAはエナメル質、ビタミンCは象牙質の形成に関与します。また、ビタミンDはカルシウムの代謝や石灰化に影響し、フッ化物は歯を強化します。胎児の歯を丈夫にするには、これらの栄養素をバランス良く摂取する必要があります。

一方で、妊婦さんの歯を健康に保つには、バランスの取れた栄養摂取に加え口腔環境への配慮が大切です。妊婦さんによっては、嗜好が変わり酸っぱい物を好んだり、悪阻により口腔内が酸性になり、歯の脱灰が生じやすくなり、虫歯のリスクが高くなります。また、妊娠中ホルモンのバランスが変わるので歯肉の腫れや出血をしたり、さらに歯磨きが不足すると口腔環境が悪くなり妊娠性歯肉炎に罹患しやすくなります。

そのような場合には、歯磨きを励行し酸性の飲料水は控えて、中性である水や牛乳、緑茶などを飲む事をお勧めします。さらに野菜やナッツ類など食物繊維を含む食品は咀嚼時に歯面を機械的に清掃し歯肉の血行を促すので、歯周組織の健康に寄与してくれます。


2020年09月04日 09:40 診療室内の感染予防対策 オゾン発生器 一般

オゾン発生器を受付・待合と診療室に設置致しました。

 

 

オゾンは薬剤に代わる消毒機として医療機関における利用が進んでおり、大阪市消防局救急車にも搭載されています。

 

また、このオゾンによる新型コロナウイルス不活化を確認されました。

 

つよし歯科では今後とも、感染予防対策を徹底し、来院される皆様に安心して、

 

安全な治療を受けて頂けるよう取り組んでいきたいとおもいます。


つよし歯科

〒537-0022

大阪府大阪市東成区中本

1-9-11コノミヤ2F

地下鉄中央線 緑橋駅徒歩1分

TEL.06-6972-8241


大きな地図で見る

ページTOP